スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなやり方があるもんだ

ビッグバンド
05 /06 2008
午後3時からはTバンドのボーカルKさんに誘われて横浜のビッグバンドのトラ。
トロンボーンで。練習だけど。
僕の他にもTpのTさん、ベースのEさんも参加することに。
横浜から地下鉄に乗って吉野町へ。横浜の地下鉄ってはじめて乗った。

練習場へ向かう途中、なんだかドラマーが来れないってんでドラムもやってくれない?という話になり、「え~?何も持ってきてないですよ!?」って言ったら「スティックぐらいあるんじゃないの?」ということで、なぜかドラムをやることに。
Tbは3人来てたけどあとで2人帰るからってんで、1人になってからトロンボーンを吹くことにした。

それにしてもメンバーの集まりの悪いバンドで、しばらくはSax1、Tb3、Tp2(2人共トラ)、あとはP、B、Ds、それにこのバンドはコンマス専任の方がいてその人の指示で練習を進めて行く。
ほとんどはじめてやる曲だったので、特に凝ることなく譜面に忠実にやってったけど、最後のフェルマータの切りの合図を誰も出さないんだなこれが。
カウントはそのコンマスが出すんだけど(結構テキトーな)、最後も切ってくれりゃいいのにほったらかしでみんなバラバラに終わってく。
う~ん、こんなんでいいのかなとか戸惑いつつやってたけど、バンドによっていろんなやり方があるんだな~。

一曲だけやったことのある曲があって、ベイシーの「Freckle Face」。
やったっつっても5年くらい前の筑波だからずい分前なんだけど。
後半のはじけ具合がポイントのいかにもベイシーって曲っすね。
これが結構喜ばれて、何だか知らんが絶賛されてしまった。
う~ん、やっぱ曲全体が頭に入ってる入ってないじゃかなり表現に差が出ちゃうのかな~。

練習も後半過ぎてようやくSaxが揃い、でもTbが減ったので今度はトロンボーンに。
曲はやっぱりはじめての曲で、しかも結構難しい。
このバンドの実力はどんなものなのかまったく判断できなかったけど、やっぱ人数揃わないと楽しくないよな~。。。
アマチュアで仕事持ってて、しかもバンド掛け持ちでだと思うから、こういう社会人バンドじゃしょうがないかもしれないけど。
そう考えるとSバンドって優秀なんだな。メンバーの出席状況は。(^^;
毎週一回だし、来れない時はトラまで用意することもあるし。

今回は茅ヶ崎からだったので参加できたけど、さいたまの自宅からだとちょっと大変だし、これ以上バンド増やしたらとても持たんので(体力、時間、お金もろもろ)、またオファーがあったとしても次は遠慮させてもらおう。。。

FC2 Blog Ranking

関連記事

コメント

非公開コメント

じょんそん

トロンボーンは中学から、ドラムは大学でなんとなくできたのでバンド始める。
愛妻1+愛娘1
愛車はロバ(ROVER)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。